Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

未来の新しいプラスチック機械産業の発展

金属、石材、木材、プラスチックと比較して、低コスト、塑性などの利点があり、国家経済で広く使用されています。今日の世界のプラスチック産業は非常に重要な位置を占めています。世界のプラスチック製品の急速な発展。世界ランキングでプラスチック製品の中国の生産は、常に最前線にあり、様々なプラスチック製品の生産は、世界初の中国epsのポリスチレンフォームに位置していますスクリューコールド発泡スチロール減容機は、プラスチック製品の世界最大の生産。近年では、石油資源の漸進的削減の脅威に直面して、従来の石油化学系資源のプラスチック産業を縮小するために、新しい材料の開発は、プラスチックの将来の発展の避けられない傾向と見られる産業。

 

エレクトロニクス業界向けのナノテクノロジーソリューションを提供する世界的リーダーであるアプライドマテリアルズ社は、精密ウェーハ切断システム、類似システムの世界最大の設置ベース、epsバブルコールドプレス、切断、切断、切断などの一連の作業を実演しました超薄型シリコンの場合、シリコン材料が毛細シリコンの直径にほぼ等しい厚さに切断されるので、シリコン材料の消費が大幅に低減される。

 

新しいエネルギー車では、軽量化によりバッテリー寿命を延ばすことができます。

 

GREENMAXリサイクル機は、ポリスチレンコンパクター、PE 発泡ポリエチレンリサイクル機、発泡スチロールデンシファイヤー、飲料ボトル脱水機などを生産し、様々な製品を包装市場でリサイクルすることができます。リサイクルされたポリスチレン発泡製品の品質は、ハイエンド商品梱包工場の賛成を得て、包装製品の品質が大幅に改善され、製品の品質が大幅に改善されているという問題を解決しました。それで、彼らは廃棄物の泡包装のリサイクルの問題を解決しました。

ポリスチレンビーズは何ですか

私たちはそのように最初にそれが何であるかを見てみましょう、うちポリスチレンとポリスチレンビーズを持っていないでしょう。ポリスチレンは、軽量のハード、無色、非常に透明なポリマーです。この人工ポリマーは広範囲のガジェットの多種多様を生成するために使用され、これらは豆袋からすべてのものを受け入れる建設現場での穏やかな重量充填剤として使用巨大なブロックに記入してください。ポリスチレン自体は室温で強いタイプに存在し、加熱すると溶融する熱可塑性材料です。ほとんどのリサイクル施設がこの材料を処理するために発泡スチロールリサイクル機を持っていないように、共通の信念に反して、あなたはリサイクルポリスチレンは、これはめったにしかし起こらないことがあります。ビーズのようにそれが強風にさらされると離れて飛行する傾向があります。豆袋や絶縁用の壁のような密封容器にビーズを保管してください。同様に、あなたは豆袋のためのこれらの豆は、彼らが自分のコンテナを逃れるイベントに離れてロールバックされますことがわかります。電力省によると、これらの小さなビーズは静電気を吸収する柔軟性を持っています。

プラスチック、固体ポリスチレンの最も典型的な形は、半剛性と柔軟性に制限の厳しい、無色のプラスチックです。ポリスチレンが無色であるので、任意のシェードは、最終生産物に添加してもよいです。ポリスチレン製のもののいくつかの余分な例は以下のとおりですへ-行く煙探知のためのコンテナに、いくつかのモデルカー、プラスチックカトラリー、ケーシングを梱包レストラン。

押出ポリスチレン、発泡ポリスチレンフォーム、及び押出ポリスチレン発泡ポリスチレンは、通常3種類のいずれかで製造されます。

EPSマシンを購入する方法

EPSのアプリケーションでは、継続的に、その環境に優しい機能と費用対効果に世界的に上昇しています。人気の高まりとともに、技術の進歩は、建設を超えた他の多くの産業に近いそれを作りました。市民の構造におけるその使用は半自動と完全に自動化されたEPS形状成形機に加えて、他の機械の発明と一緒に進化しました。生産コストと時間を効率的に高度な傭兵や最新の技術を使用して保存することができます。

EPSマシンをオンラインで購入する方法:

今日では、発泡スチロールリサイクル機のメーカーは、仮想またはオンライン市場に注力しています。より多くの産業は、オンラインチャネルを通じて本質的なマシンを注文しています。これらの工業製品の供給者間の競争は、競争力のある価格につながっています。だから、あなたはオンライン販売業者から簡単に手頃な価格で定性的なアイテムを得ることができます。以下の態様は、機械のこれらの種類の注文を配置する前にチェックする必要があります。

1.容量 - 必ずしもすべてのメーカーは、彼らの工場で大容量の機械が必要です。これは、すべてのサイトや、市場での製品の要件に依存します。正常から高い生産能力オプションに中から選択するために利用可能です。また、最適化された生産能力とカスタムメイドのマシンのために発注するために行くことができます。

2.技術 - あなたはサンドイッチパネルのマシンと最新技術の他の機械を購入する必要があります。互換性の問題を回避するために、一度にすべてのマシンのラインアップを購入することを検討してください。個々のマシンを購入する場合は、既存のマシンと一緒に、その技術仕様との互換性の詳細を確認することを検討してください。今日では、ほとんどのマシンは、半自動と完全に自動化されたラベルで来ています。それらのほとんどは、コンピュータまたはタッチスクリーンシステムを用いて制御されています。

3.費用 - EPS形状成形機または類似の機械を決定しながら、それはチェックする主要な側面です。それは完全にあなたの生産や工場の要件に依存します。同時にすべてのマシンを購入する追加費用等の設置および出荷に保存することをお勧めします。すべてのアイデアについては、複数のサプライヤーのコストを比較すると、最高のお得な情報を見つけるのに役立ちます。

4.サイズ - サンドイッチパネル機やEPSマシンのラインナップから、他の機械の購入を検討しているが、地元の技術者と議論することを検討してください。専門家は、植物のアーキテクチャ上のあなたの疑問をクリアすることができます。はい、機械の寸法や物理測定は多くのことを問題になります。

5.機能 - これらの機械上の排他的な機能のいくつかは、あなたの作品を高めるのお手伝いをします。それらのいくつかは、より環境に優しい機能で来ています。最新の技術は、生産速度を増加させるだけでなく、大幅に人件費や生産コストを低下させます。定性的な材料で作られた装置は、より良好な耐久性および改善された機械的強度を与えます。

これらの側面に加えて、あなたはそれらが速く生産に重要な役割を果たしているいくつか他のものを考慮する必要があります。必要なの発泡ポリプロピレン減容機のための合理的な価格を提供しています理想的なものを選択し、オンライン複数のサプライヤーの引用符を比較してください。古くなったり、伝統的な機械を購入することを好むしないでください。それはあなたの注文したEPSの機械がアドレスに配信されるまでに数週間かかる場合があります。

リサイクル業界の発展

撤退型と呼ばれている,一つは、私たちが主に労働集約型産業、業界のより多くの利点を失っているということです。一つは、生産能力の一部は近年、非常に高度で、建設業界に主に関連し、業界の過剰能力であるだけで国内の黒字に投資したが、国際的に非常に希少ました。出発点として、インフラストラクチャ内のベルトとロード。
一方、コーナー追い越しインターネットなどのタイプ、モバイル通信。これは主に、人的資本投資、発泡スチロール減容機と開発サイクルが非常に短い新しい産業であるが、我々は確かに先進国では、同じスタートラインの競争の上に立つことができます。
最後は、戦略的な産業です。産業設備投資のこの種は非常に高く、かつ周期が非常に長いです。国防安全保障のために、我々はまた、大きな飛行機、スーパーコンピュータのように、業界のこの種を開発する必要があります。これらの産業は、政府から補助されなければなりません。
現在のニュー・ノーマルにおける業界のこれらの二つの異なるタイプはどこにでも投資と開発の機会である、これらの投資は、当社の生産性レベル、競争力と開発の品質を向上させることができます。
ポリスチレンのリサイクル業界は、業界のカテゴリの1としてカウントする必要があります、しかし、「緑の再生は「業界のセグメンテーションの関数または関数の種類です。
再生可能なプラスチック業界ごとに専門の労働者と兄のように、前面に、問題の核心を考えることです。

マシンは、泡をカットします

泡は、特に製造およびEPSマシンに対して、今日で切断するための需要の大幅な伸びがあります。泡切削加工の需要が小道具、彫刻、看板、モニュメント、ディスプレイ、プロトタイプ、建築形状、クラウンモールディング、壁のキャップ構造のため、包装断熱材、翼とそんなに多く含む産業の様々なタイプの、不可欠です。

泡を切断する企業は、フォーム切断幅広いサービスを提供する回線切断装置の上部を使用する必要があります。切断CNC熱線発泡カッター、CNCルータまたはCNCレーザーカッターを用いてのいずれかで行うことができます。熱線は、発泡体のほぼすべての厚さをカットし、最大12フィートのプロジェクトとより多くのことができます。レーザーカッターは、高品質の表面仕上げを製造する、(「3/4にまで)非常に薄いカットをカットするケーブルですが。一方、CNCルータは、任意の3Dフォームカットをカットする加工穴あけのような動きを使用しています。の決定をレーザまたはホットワイヤーカッターを使用するかどうかフォームのタイプに基づいて(PUフォームのみレーザーで切断することができるとも呼ば例えば、ポリウレタン、など)、厚さと泡の大きさに切断します。

ほとんどのCNCのホットワイヤフォームカッターフォームの次の種類を切断することが可能です:
EPSフォーム - 発泡ポリスチレン
EPPの泡 - 発泡ポリプロピレン
XPSの泡 - 押出ポリスチレン

小さい泡のカッターは、通常の翼、胴体、ロゴや文字をカットします。大きな泡切断機は、建設請負業者と大きな看板メーカーが主に使用されている間の媒体発泡カッターは、クラウンモールディングや建築産業で使用されるトリムをカットすることができることを加えて、小型のものに類似した形状をカットします。

異なる切断機は、どのように多くのブロックフォームの、X軸(水平)とY軸(垂直)、彼らのホットワイヤの長さ、およびそのようなスピード能力をカットするなど、他の機能へのそれらの効果的な切断を含め、その寸法やサイズにすることができます異なります1シングルカットと作られたカットのタイプ(テーパーテーパーかどうか)にカットすること。

発泡スチロールリサイクル機を必要とするプロジェクトのためのCNCルータまたはルータシステムとCNC熱線発泡カッターの組み合わせを使用する必要があります。フルスケールのレーシングカー、3D地形図(10'x5'x20まで「シングルカットオン)、小道具や芸術作品は、すべての機械加工することができ、発泡金型を作成することもできます。

ポリスチレン

商品が配信され、開放されたら残念ながら、ポリスチレンは、その後の企業が処分する支払わなければならない廃棄物となります。ほとんどの企業がこの分野でうまく機能ハイテクマシン、発泡スチロール減容機を使用して、ポリスチレンをリサイクル。

 

したがって、よりコスト - ポリスチレンの大、かさばる作品はスキップがより頻繁に空にする必要があるので、より迅速にいっぱいになり、意味廃棄物スキップの大幅なスペースを取ることができます。

 

控えめに発泡スチロールのトン数十万のが生成され、英国だけで毎年埋立地に送られていると推定されます。貴重な埋立空間がポリスチレンのトンとトンで満たされているどのくらいのを想像することは難しいことではありませんので、この材料は、そのボリュームに比べて非常に軽量です。

 

他のリサイクルで発泡スチロールを設定することはありません。プラスチックの異なるバージョンは、あなたの発泡スチロールをリサイクルするために特別な世話をする必要がありますことを意味し、材料を加工するために、異なるリサイクルストリームを必要とします。それはあなたのペットボトル、新聞、あなたのアルミ缶にリサイクルすることができないので、通常のリサイクルでそれを設定しようとする、または定期的なリサイクルセンターでそれをオフにドロップしないでください。

発泡ポリプロピレン減容機 APOLO

GREENMAX APOLOシリーズは、EPS材料のすべての種類の圧縮に特化して、50までの無駄EPSの量を減らすのを助けることができる:1。一部の人々は、埋立地にEPSを入れたり、EPS材料を燃焼させるために選択しますが、このアクションは、空気、水、土壌に多くの汚染を持っています。しかしGREENMAX APOLOシリーズ発泡ポリプロピレン減容機は、タイトなブロックにEPSを圧縮することができ、圧縮されたEPSを再利用することができます。その結果、汚染や資源状態が改善され、多くの変更されます。
運用プロセス:

 
すべてGREENMAX APOLOシリーズは、業務プロセスを最適化し、必要なアプリケーションへの解決策を適応させるためにまず、異なるホッパーの数は、事前クラッシャーとセンサーが用意されています。

 
第二に、発泡スチロール減容機は、コンベアベルトに接続することができ、または他の方法で施設内のインターンの流れに合わせること。そして、粉砕および圧縮した後、廃棄物のEPS素材はブロックに圧縮することができます。